自撮りが楽々!スマホサイズの空飛ぶカメラ「AirSelfie」


75b64e6a8e7dd4ea53757acd60d38579_original-e1611281101

人に頼まずにきれいに撮影したいけれど、自撮り棒を取り出すのにはちょっと抵抗が…そんな人にぴったりなのが、この空飛ぶカメラ「AirSelfie」です。

空中からきれいに自撮り

AirSelfieは言ってみればカメラを搭載したドローンです。スマートフォンのアプリを使って好きな場所へ飛ばし、停止させることができるので、大人数の集合写真でもきれいに「自撮り」することができます。また自撮り棒では難しい角度からの撮影も可能です。小型なので屋外だけでなく、屋内での撮影にも使えます。最高で高さ20メートルまで飛ばせます。

撮影した写真は、内蔵する4GBのMicro SDカードに記録され、Wi-Fi経由で即座にスマートフォンにダウンロードできます。Micro USBコネクター経由での転送も可能です。

1回の充電で1時間の飛行が可能

AirSelfie
スマートフォンとほぼ同じサイズで、普段はスマホケースと兼用になっているケースに入れて携帯することができます。ケースに収納すると充電もできるようになっています。1回の充電で最高1時間飛ばすことができ、ケースの充電池はAirSelfieを最大20回充電可能です。

本体は500万画素のカメラと、ジャイロセンサー・気圧計・地磁気センサー、およびブラシレスモーターを搭載し、スマートフォンとWi-Fiで接続します。専用アプリはiOS用とAndroid用があります。

AirAelfieは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募っており、11月25日現在、締切まで29日を残し、すでに目標額の45,000ユーロ(約538万円)をはるかに上回る169,083ユーロ(約2,020万円)を集めています。今なら希望小売価格の50%オフとなる179ユーロ(約21,000円)で購入でき、世界中どこへでも出荷してくれるとのことです。なおケースは現在Samsung S7 edge、iPhone6/6 Plus、iPhone7/7 Plus、Google Pixel向けがありますが、どのPledgeを選ぶかによって選べるケースに若干違いがあります。

 

 

Source:Kickstarter

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です