Apple、watchOS 3.2を正式リリース!シアターモードなど追加


Appleは現地時間3月27日、Apple Watch向けOSのwatchOS 3.2を正式リリースしました。

シアターモードを新たに追加

今回のアップデートでは、腕を動かしても画面をオフのまま保てる機能「シアターモード」が追加されました。オンにした状態だと、Apple Watchが腕をたたく(タップ)動作で通知し、画面をオンにすることで内容が確認できます。
 
watchOS 3.2 Apple Watch
 
海外メディア9to5macは、watchOS 3.2ベータ時のシアターモードの動画を公開しています。
 

 
また今回のバージョンより、SiriKitが提供開始されました。Apple WatchユーザーがSiriにお願いすることで、メールの送信や電話の発信、支払いや配車予約などができるようになる機能となっています。
 
watchOSのアップデートは、Apple Watch本体の充電が50%以上の状態で、Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある必要があります。そしてiPhoneの「Watch」アプリからソフトウェアアップデートを選ぶとインストールできます。
 
Appleは同日、Mac向けOS「macOS Sierra 10.12.4」、iOS端末向けOS「iOS 10.3」、Apple TV向けOS「tvOS 10.2」も同時にリリースしています。

 

Source:Apple via 9to5mac

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です