《Apple》WWDCに先駆けSiri搭載スピーカーの製造をスタートか


AppleがSiriを搭載したスピーカーの製造に着手したと、Bloombergが報じています。

出荷開始は今年後半?

Amazon EchoやGoogle Homeに対抗する、Siriによる家電製品の一括コントロールが可能なスピーカーについては、早ければ来週開催の世界開発者会議(WWDC2017)で発表されると見られています。
 
しかしBloombergは関係者からの話として、Siriスピーカーは今年後半までは出荷されないだろうと伝えています。

Appleネットワークへの囲い込みが狙い

Siriスピーカーが競合他社の製品と異なるのは、「仮想サラウンドサウンド技術」の提供と、iPhoneやiPad、Apple TVといったほかのApple製品と緊密に統合されている点であるとのことです。
 
Siriスピーカーの主な目的は2つで、1つは照明やその他家電製品をAppleのHomeKit経由で制御するハブとなること、もうひとつはより包括的なホームネットワークとサービスを提供し、ユーザーをAppleネットワークに囲い込むことだ、とBloombergは指摘しています。

台湾Inventecが受注、製造を開始

新しいスピーカーの製造を担当しているのは、やはり現在AirPodsの製造も請け負っている台湾Inventecのようです。Appleの従業員がすでに自宅で同スピーカーのテストを行っているともいわれています。

 

Source:Bloomberg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です