《Apple Watch Series 2》「Apple Pay」利用準備。


report_applepay_top01

10月25日未明に配信されたiOS10.1、watchOS3.1により、いよいよApple Payの日本でのサービスが開始されました。JR東日本もApple Payの特設ページをオープンしています。

筆者はiPhone6s PlusとApple Watch Series 2ユーザーなので、Apple WatchでSuicaを利用するために、Apple Payの初期設定をしてみました。

iPhoneをiOS10.1にアップデート

10月25日午前2時ごろに配信されたiOS10.1では、Apple Pay関連の新機能のほか、iPhone7 Plus限定ですがポートレートカメラ機能が追加されました。また安定性の改善、問題の修正なども盛り込まれています。

設定」アプリの「一般」へ進み、「ソフトウェアアップデート」を選びます。アップデートについての詳細は「詳しい情報」で確認できます。「ダウンロードとインストール」をタップしてインストール作業に移ります。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

アップデートが完了するとiPhoneが再起動され、いくつかの設定を行う画面になります。今回のアップデート作業では、Apple IDのパスワードを要求されたあと、2ファクタ認証を有効にする設定と続きました。 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-05-19

電話番号の確認のあと、iCloud設定がアップデートされ、iPhoneの設定が完了しました。 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-05-47
Apple WatchをwatchOS3.1にアップデート

そしてApple Watch向けに配信されたwatchOS3.1のアップデート作業も行いました。

iPhoneの「Watch」アプリを起動してペアリング済みのApple Watchを選び、「ソフトウェア・アップデート」を選択します。こちらも「詳しい情報」でアップデート内容が確認できます。「ダウンロードとインストール」でインストールを進めます。 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-06-10

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

インストールの際に、利用条件としてwatchOSのソフトウェア使用許諾契約のほかに、Apple Pay追加事項やAppleからの通知についてなどが表示されます。一通り目を通して「同意する」で進みます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-06-28

なおwatchOSのアップデートをインストールするには、50%以上充電されていることと、同じWi-Fi通信圏内にペアリングしたiPhoneがあることが条件となります。

iPhone:Safariの設定に「Apple Payの確認」が出現

変更箇所を確認するべく、設定アプリを眺めていると、設定>Safariの項目に「Apple Payの確認」という新項目が追加されていました。デフォルトでオン()になっています。 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-06-53

「Safariとプライバシーについて」をタップすると、iPhoneやiPad、Apple WatchでApple Payを利用するときの注意点や仕組みなどが表示されます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
iPhone:「Wallet」アプリにApple Payのカードを追加

Apple Payを利用するには、標準アプリの「Wallet」を使用します。Walletアプリを起動して、Apple Payの項目の「カードを追加」を選び、「次へ」をタップします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-07-09

筆者が所有しているクレジットカードは、銀行系のVisaカードと、ショッピングサイト系のJCBカード、そして関西圏の交通ICカードであるPiTaPa(MasterCard)の3枚です。登録の際はクレジットカードの番号が読み取れるようにカメラ画面を合わせるだけでOKです。

登録できるか試してみたところ、Visaは「このカードはiPhoneの新機種でのみ利用できる」、JCBは「このカードはApple Payに使用できない」というメッセージが表示されました。 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-07-20

「このカードは使用できない」のウィンドウで「確認」を押したところ、日本のカード会社から発行されているApple Payに使用できるクレジットカード、プリペイドカードの一覧が表示されました。 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-07-35
Apple Pay対応のクレジットカード、プリペイドカード

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-10-53-05

PiTaPaは問題なく読み込めたので、カードの有効期限とセキュリティーコードを入力し「次へ」。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

Apple Payの利用規定が表示されます。これは連携させるカード会社によって文章が異なると思いますが、利用にあたり、一通り目を通して「同意する」で進みます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

ここまで入力した情報がクレジットカード会社に照会されます。無事認証が完了すると、Apple Payで利用する際の認証方法の選択画面が表示されます。筆者は電話番号にショートメッセージが送られてくるSMSを選択しました。 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-07-51

SMSに認証コードが送られてくるので、次のカード認証画面の認証コード欄に入力します。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

正しい認証コードが入力できると、アクティベートが完了します。追加されたクレジットカードはWalletアプリに登録されます。 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-08-13
iPhone:ストアから「Suica」アプリをダウンロードする

午前3時ごろにApp Storeで「Suica」と検索してもヒットしなかったのですが、同7時すぎに確認したところ、JR東日本(East Japan Railway Company)がリリースした「Suica」アプリを確認できました。iPhoneおよびApple WatchでSuicaを利用するにはこのアプリが必要となります。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

なお、App Storeの検索で、単純に「Suica」と入力しても上の方には表示されませんでした。「Suica Apple Pay」と検索すると、設定に必要な「Suica」アプリのみが表示されます。

あるいは以下のアプリリンクからも直接「Suica」アプリのダウンロードページに飛ぶことができます。

iPhone:「Suica」アプリでSuicaを発行してみる

筆者は関西在住でPiTaPaカードを利用していたため、Suicaは持っていません。そこで、「Suica」アプリを使ってSuicaを発行してみました。アプリを起動し、「Suica発行」を押します。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

Suicaには、無記名で発行できる「Suicaカード」と、記名して発行する「My Suica」があります。違いは、Suicaの発行時に氏名や生年月日、性別等の個人情報を登録するかしないかです。記名式は個人情報を登録することで、登録した本人しか利用できないのですが、無記名のSuicaでは、複数人でカードを共有できるという仕組みになっています。

そして大きな違いとなるのが、記名式Suicaの場合は、例えば紛失した際などに登録情報をもとに再発行できます。そのほか記名式SuicaユーザーであればSuicaポイントクラブに加入できるというメリットもあります。

筆者はとりあえずSuicaを発行したかったので、無記名を選びました。すでにSuicaカードを持っている場合は「Suicaカードの取り込み」から登録できます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

定期券やグリーン券、新幹線のきっぷなどの購入・払い戻しには会員登録が必要なことなど、注意事項が表示されます。確認して「次へ」をタップすると同意の確認画面が表示されるので、「同意する」を押します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-08-34

Suicaの新規発行には入金(チャージ)が必要となります。Apple Payに登録した対応クレジットカードでチャージできるのですが、新規発行の際のチャージは1,000円からとなっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-08-49

チャージ額を選ぶと、支払い方法にApple Payのボタンが出現しました。このボタンをタップすると、Apple Payに登録したクレジットカードが下部に表示され、使用カードとチャージ額を確認し、Touch ID(指紋認証)を使ってその場でチャージできます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-09-08

指紋認証が完了すると完了表示となり、次の画面ではSuicaの残高とともに、ペアリングしているApple Watchでも利用できる旨が表示されました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-09-32

次へ」で進むと、今度はJR東日本のICカード乗車券取扱規則が表示されます。一通り目を通して「同意する」で進みます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

以上の手順で、無記名式Suicaの新規発行と最初のチャージが完了しました。そして、Touch IDやパスコード不要でSuicaを使える「エクスプレスカード」の設定も完了したため、改札でApple WatchのSuicaを利用する際、スムーズに通行できます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定
iPhone/Apple Watch:「WalletとApple Pay」の設定が追加

iPhoneの設定アプリを起動すると、iCloudの項目のあたりに、新たに「WalletとApple Pay」の項目が追加されました。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

この設定項目では、登録済みのApple Pay対応カードの確認や、ロック中のアクセスの許可、Macでの支払許可などが設定できます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

またiPhoneのWatchアプリにも、同様に「WalletとApple Pay」の項目が追加されました。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

Watchアプリの同設定項目では、Apple Watchで利用設定を終えたSuicaカードと残高、Macでの支払許可設定などが表示されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-10-05

iPhone上のほかのカードに表示されているのが、先ほどiPhoneで設定したApple Pay対応クレジットカードなのですが、クレジットカード項目の右端にある「追加」をタップすると、Apple Watchにこのクレジットカードの情報を反映することができます。

カードのセキュリティコードを入力して設定を進めると、Apple Payの利用規定が表示されます。一通り目を通して「同意する」をタップします。

 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-10-47

これでApple WatchのWalletに、Apple Pay対応クレジットカード情報が反映されました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-11-11-01
Apple Watch:Suicaの使い方をチェックする

Apple WatchのWalletに追加することで、Apple Watch上でSuicaの残高チャージが可能になります。Apple WatchのWalletを起動し、Suicaをタップすると、リーダーにかざして支払いを行う、または残高の確認やチャージが行えます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

店頭でApple PayのSuicaを利用して支払う場合は、Suicaをタップ>サイドボタンをダブルクリックすると、以下のような準備完了画面が表示されます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

そしてApple Watch上での残高チャージは、Apple Pay対応クレジットカードをApple Watchにも反映していれば行えるのですが、対応クレジットカードがApple WatchのWalletに登録されていないと、以下のようにエラーメッセージが表示されます。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

対応クレジットカードが登録されていると、チャージをタップした際に以下のような画面が表示されます。マイナス/プラスボタンでチャージ額を増減でき、チャージ可能金額は、100円~19,000円となっています。チャージ前の残高とあわせて合計20,000円までと思われます。チャージ額を決めたら「チャージ」ボタンを押します。

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

チャージ額を確認し、サイドボタンをダブルクリックするとその場でチャージができます。Suicaを利用する際、iPhoneやApple Watchで残高を確認し、もし足りないようでもその場でチャージできるのは便利ですね!

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

Apple Pay Apple Watch iPhone 設定

以上が、iPhone6s PlusとApple Watch Series 2の組み合わせで、Suicaを持っていない場合のApple Pay利用準備手順でした。

 

Source: [1],[2], JR東日本 Apple Pay特設ページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です