《アップル》ディスプレイ下にTouch ID搭載の特許取得!ホームボタンは廃止!?


アップルがディスプレイの下に指紋認証センサーを搭載するシステムを開発していることが、同社の取得した特許より明らかとなりました。

 

Touch ID01

 

次世代iPhoneに向けて?

特許に詳しいニュースサイトPatently Appleによると、これまでにもアップルPrivarisから取得した大量の特許をベースとして、Touch ID(指紋認証センサー)をディスプレイ下に搭載するシステムを開発してきていましたが、同社は新たに3つ目となる同技術の特許を取得したとのことです。

現在採用されている静電容量式とは異なり、超音波によって測定するタイプでの指紋認証となります。

 

Touch ID02

 

2017年度に発売が目されているiPhone7s(iPhone8との情報もあり)では、ホームボタンが廃止され、Touch IDを内蔵したディスプレイが搭載されると目されているだけに、今回の新たな特許取得はこうした見方を後押しするものとなりそうです。また、「指紋認証センサーとディスプレイが一体化することによって、iPhoneを握ったままの状態でApple Payを用いた決済が可能になる」と米メディアCNNは指摘しています。

また、今回の特許取得で、アップルが生体認証個人特定モジュール(BPID:Biometric Personal Identification Module)の開発に力を入れていることが明らかになりました。個人情報をiPhoneと紐付けすることによって、将来的にはApple Walletのアプリでデジタル運転免許証を保持するといったこともより現実味を帯びそうです。

 

Source:Patently Apple

 

スポンサードリンク

1 comment for “《アップル》ディスプレイ下にTouch ID搭載の特許取得!ホームボタンは廃止!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です