シミュレータで発覚。Apple TVのtvOSは4Kに対応


開発者のスティーブ・ソーントン-スミス氏が、Apple TVのOSであるtvOSでハッキングを行なった結果、tvOSが4Kに対応していることがわかった、と報告しています。

シミュレータで4K対応を確認

現行のApple TVは公式には、1,920×1,080解像度対応と発表されています。しかしソーントン-スミス氏がシミュレータで実験を行なった結果、tvOSでその2倍の3,840×2,160、つまり4K動画をサポートしていることが判明しました。

 

 

この事実は、次期Apple TV(第5世代)が4K、HDRに対応するという情報にも符号します。最近では、少なくともイギリスとカナダで一部のiTunesコンテンツが「4K、HDR対応」と表示されていることが伝えられているほか、HomePodのファームウェアからは、次期Apple TVが4K、HDRをサポートすることを示唆するコードが発見されています。

第5世代Apple TVは年内発売か

現行の第4世代Apple TVが発売されたのは2015年10月で、第3世代から約3年が経過してからのリニューアルでした。第5世代Apple TVについては、今年中に発売されるという説が最近強まっています。

 

Source:MacRumors

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です