《AppleWatch》初代iPhoneの2倍もの売上げがあった!


2016年4月で発売から1年が経過したApple Watchですが、当初こそ販売の進捗が不安視されていたものの、結果的には初代iPhoneの2倍の本数を売り上げ、スマートウォッチ市場で61%のシェアを獲得する好成績を収めました。

 

applewatch42501

 

初代iPhoneの2倍も売り上げていた

現在、アップルは1年で2億台以上のiPhoneを売り上げています。これを4半期で割ると1期あたり5,000万台売れている計算になりますが、この数字は他のベンダーが1年で達成する売り上げ台数であることを思えば、いかにiPhoneが異次元の存在であることかが分かるというものでしょう。

しかし、当初からiPhoneの売り上げがこれだけの規模で推移していたわけではありません。実際、もし売り上げ台数でその端末の真価が分かるとすれば、iPhoneの初動は「普通」とも言える内容でした。

ところで、2016年4月でApple Watchは1周年を迎えます。米メディアWall Street Journalによると、同スマートウォッチは1年間で1,200万本も売れたとのことです。そしてこの売り上げ台数は、初代iPhoneの610万台の2倍の数字となります

 

applewatch4250

 

もちろん、iPhoneあってのApple Watchであることを思えば、これだけiPhoneが浸透していたからこそ1,200万本も売れたことは確かですが、上図を見れば決してApple Watchが失敗したという見方は出来ないことが分かるでしょう。

なお、Apple Watchの1,200万本という数字は60億ドル(約6,600億円)の売り上げ額をアップルにもたらしています。Apple Watchに関しては頑なに売り上げ本数の公開を拒否するアップルですが、たった1年でスマートウォッチ業界で61%のシェアを奪うほどに成功しているのであれば、明らかにしても問題ないのではないでしょうか

ちなみに、今期のApple Watchの出荷台数は300~350万台ではないかと見込まれています。

 

Source:威锋网, Wall Street Journal

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です