《「トイ・ストーリー」製作に必要だった巨大CPUは・・・》iPhone6の半分の性能だった!


toystory-iph01

 

ピクサーの傑作「トイ・ストーリー」が公開されたのは1995年ですが、その時に使われたCPUのトランジスタ数は、iPhone6に搭載されているA8チップの半分しかありませんでした。

「トイ・ストーリー」のCGにはこれだけのマシンが必要だった

シリコンバレーを代表するベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzで働くベネディクト・エバンスさんによると、1995年に公開されたピクサーのアニメ映画「トイ・ストーリー」をレンダリングするために用いられたCPUのトランジスタ数は10億個でした。彼が公開した写真には、室内に所狭しと積み上げられたマシンからなるレンダリング・ファームが確認できます。

 

 


 


 

iPhone6でも「トイ・ストーリー」をレンダリング可能?

ところが、それから20年余りが経過した今、技術は目覚ましい進化を遂げています。

iPhone6のCPU「A8」には、20億個ものトランジスタが集積されています。もちろん、トランジスタ数のみでCPUの性能が決定するわけではありませんが、トランジスタの数は処理性能に比例します。したがって、わずか8.47mm×10.5mmのA8チップが、「トイ・ストーリー」製作に使用されたレンダリング・ファームよりも高い処理能力を有しているという見方も可能なのです。

 

toystory-iph02

 

ちなみに、人間の脳の機能を模倣したと言われる世界最先端のチップ「TrueNorth」には、コア数が4,096、トランジスタ数が54億個存在します。

 

 

Source:GIGAZINE,ExtremeTech,Twitter

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です