Samsung、GalaxyシリーズのAndroid 6.0更新開始 エッジスクリーンに新機能も!


韓国Samsung Electronicsは2月15日、Galaxyシリーズ端末の「Android 6.0 Marshmallow」へのアップデートについて発表した。

まず「Galaxy S6」および「 Galaxy S6 edge」へのアップデートを同日スタートし、他のモデルも“すぐにそれに続く”としている。ただし、アップデートするモデルやスケジュールは国や通信キャリアによって異なるとしている。

galaxy01

 

日本ではドコモがGalaxy S6 SC-05G、Galaxy S6 edge SC-04G、GALAXY S5 ACTIVE SC-02G、GALAXY S5 SC-04F、GALAXY Note Edge SC-01G、GALAXY Tab S 8.4 SC-03GをAndroid 6.0にアップデートする計画を発表しているが、具体的なスケジュールはまだ明らかにしていない。

Android 6.0は2015年8月に発表され、10月初旬にNexus端末向けに配信された。

このアップデートで、edge端末では「エッジスクリーン」のユーザーインタフェースが改善され、新機能が追加される。

表示の横幅が従来の260ピクセルから550ピクセルに広がり、ニュースなどの概要をエッジスクリーン上で読めるようになり、タスクのアイコンを10個並べられるようになる。

galaxy02

 

端末をものさしやコンパス、懐中電灯にするデジタルツールキット「Quick」も使えるようになる。

galaxy03

 

エッジハンドルもカスタマイズできるようになる。

Samsungは2月21日に次期Galaxyのフラッグシップ端末を発表する見込みだ。

 

 

SPONSORED LINK

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です