「Galaxy Note7の電源を切り、使用を中止して」Samsungが呼びかけ。


note71609140701

 

内蔵電池が爆発する不具合が起きている最新スマートフォンGalaxy Note7について、Samsungが同社Webサイトで、直ちに使用をやめるよう呼びかけを開始しました。

安全のため直ちに電源を切るよう呼びかけ

Samsungは9月10日に公式Webサイトをアップデートし、Galaxy Note7についての声明文を発表しました。同社はすでにリコールを行なうことを明らかにしており、その費用は1,000億円超とも言われています。

国によって若干文面は異なるようですが(筆者はイギリスアメリカ版のみ確認)、「Galaxy Note7の電源を切り、使用を中止するように」という基本的な内容は同じです。

アメリカの場合は「U.S. Product Exchange Program」経由で、現在の問題ありのGalaxy Note7を新しいGalaxy Note7、あるいは他のSamsung端末と交換するとしています。ただしGalaxy Note7を選択する場合は、米消費者製品安全委員会が安全を確認するまで待つ必要があります。

アメリカ向け声明文によれば、Samsungは交換時に25ドル分のギフトカード、または店舗で使えるクレジットを提供するとのことです。

イギリスの場合、交換開始日は9月19日になる予定です。

 

複数航空会社が機内での使用禁止へ

アメリカでは米連邦航空局が、Galaxy Note7を航空機内で使用・充電しないよう警告を出したほか、カンタス、ヴァージン・オーストラリア、ジェットスターが、機内での充電、使用を禁じると発表しました。

現地時間10日には、アラブ首長国連邦を拠点とするエミレーツとフライドバイも、機内でのGalaxy Note7の充電・使用を禁じるとの声明を発表しています。

日本の国土交通省も飛行機内での使用や充電を行わないよう、注意喚起したばかりです。

8月19日に発売されたGalaxy Note7について、これまでに35件の爆発事故が報告されています。

 

 

Source:Samsung via Slashdot

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です