Galaxy Note 8の設計図が流出か―やはり指紋認証センサーは背面に?


Samsungの次期フラッグシップモデルとされるGalaxy Note 8について、設計図とされる画像が新たに公開されました。注目が集まっていた指紋認証センサーの位置は、ディスプレイ埋め込みではなく背面となっています。

ディスプレイ領域を追い求めるスマートフォン市場

次世代スマートフォンにおいては、動画コンテンツの高画質化などに伴って、ファブレット化を図るだけでなく、実際のディスプレイ領域を極限まで確保しようとする動きが出ています。Xiaomiのスマートフォン「Mi MIX」に続き、“Androidの父”プロデュースの「Essential Phone」、そしてSamsungの「Galaxy S8」は、こうした一連の系譜を汲んでいると言えるでしょう。
 
しかし、限られた面積のなかでディスプレイ領域を増やす=ディスプレイ占有率を高くするということは、物理ホームボタンや指紋認証センサーといった旧来の部品が占めていたスペースが失われていくことを意味します。

デュアルカメラの下に指紋認証センサー

Galaxy S8は、指紋認証センサーがメインカメラの横に位置しており、ディスプレイ埋込み型になるのではないか、という観測も出ていただけに、少なくない失望を買う結果となりましたが、新たに登場予定のGalaxy Note 8もまた、センサーは背面に維持されるようです。
 
流出した設計図とされる画像をみると、縦向きに並んだデュアルカメラの下に指紋認証センサーが搭載されている様子が確認できます。これは、先日にSamsungの関係者とされる人物が明かした「技術的問題からディスプレイ一体型の指紋認証センサー搭載を見送った」という観測とも一致します。

 

galaxy note 8 画像 指紋認証センサー

 

このほか画像では、3.5mmイヤホンジャックやスタイラスペン向けの穴やも確認できることから、Galaxy Note 8はGalaxy初となるデュアルカメラ以外には、さして目新しい変化がない可能性も高そうです。

 

galaxy note 8 画像 指紋認証センサー

 

一方で、Samsungが「セキュリティの課題から」諦めたディスプレイ下への指紋認証センサー埋め込みを、AppleはiPhone8で実現してくる、とも言われています。

 

Source:Slashleaks via BGR

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です