iPhoneやiPadでAR体験が楽しめる!iOS11で新開発キット


現地時間6月5日に発表されたiOS端末向けの次期OS「iOS11」では、iPadに重きをおいた新機能が多く含まれていますが、新たな開発キットARKitも追加されます。これによりiPhoneやiPadで拡張現実(AR)が楽しめるアプリの開発が進むとみられます。

現実離れした世界が現実に!

iOS11が発表された開発者会議WWDC 17で、iPhoneやiPadでAR体験ができるアプリ開発のための新しいプラットフォームARKitが発表されました。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
ARKitでは、iOSデバイスの内蔵カメラやプロセッサ、モーションセンサーを活用して、AR体験ができるアプリを開発できます。UnityやUnreal、SceneKitをサポートします。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
壇上でARKitを紹介したシニアバイスプレジデントのクレイグ・フェデリギ氏は、「iOS11では世界最大のARプラットフォームを提供し、開発者がARKitを使って何億人ものiPhoneユーザー、iPadユーザーにAR体験を提供できるようになる」と述べています。
 

 

WWDC 17では高品質のAR体験デモを実施

フェデリギ氏が実施したデモでは、現実には何も置かれていないテーブルに向けたカメラ上で、さまざまな仮想オブジェクトを呼び出して会場の関心を集めました。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
+ボタンをタップして表示された選択肢をタップしました。何が起こるのでしょうか。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
すると何もないはずのテーブルに、湯気がたちのぼるコーヒーカップが現れました!
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
さらにランプが追加されました。こちらは見る角度を変えると、ランプの影などが連動して、自然に表示されています。

WWDC17 iOS11 AR ARKit

 

まるで映画のような臨場感!Wingnut ARのデモンストレーション

また、ARKitの紹介後半では、「Wingnut AR」のデモンストレーションも披露されました。
 
iPadをテーブルに向けると、複数の建物が怒涛の勢いで建造されていきます。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
iPadをテーブルに近づけると、まるで建物がそこにあるように自然に近寄ることができます。見る角度を変えると当たり前のように建物の角度や視点も変わります。本当にそこにあるようです。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
建物の中から複数の人が出てきました。俯瞰する視点から彼らの動きを追いかけます。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
遠くから飛行機が飛来してきて、人々が逃げ惑います。この狭い空間で起きていることを目の前で見ているような臨場感が伝わります。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
最終的には悲惨な光景に…。
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
 
WWDC17 iOS11 AR ARKit
静止画では伝わりにくいので、ぜひこちらの動画でデモンストレーションの様子を見てみてください。iPhoneやiPad単体でこんな体験ができると、ゲームアプリをはじめさまざまなアプリの楽しみ方が変わりますね。
 

 
AR体験の開発キットARKitは、本日より開発者向けにリリースされたiOS11ににより利用できるようになります。機械学習を使ってより賢くなるアプリを開発できるCore MLとともに、さまざまな新体験ができるアプリが今後増えていくでしょう。

 

Source:Apple

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です