《iPhone7sPlus》ダミーモデル写真が流出!ワイヤレス充電用に背面はガラス製


iPhone8と同時に今秋の発売が見込まれるiPhone7s Plusのダミーモデルとされる画像が公開されました。ワイヤレス充電に対応するため、背面パネルがガラス製に変更されており、アンテナ線も消滅しているのが特徴です。

ワイヤレス充電対応のため背面がガラス製に

Apple関連のリーク情報に詳しいソニー・ディクソン氏から入手したiPhone7s Plusのダミーモデルの写真を、米メディア9to5Macが掲載しています。
 
iPhone7sとiPhone7s Plusは、iPhone7とiPhone7 Plusの性能向上版として外見のデザインはほぼ同じままで、最先端のA11プロセッサを搭載して発売されると見込まれています。

 

iPhone7s Plusのダミーモデル

 

ぱっと見はiPhone7 Plusと同じデザインに見えますが、背面のパネルが現行モデルのアルミニウム合金製からガラス製に変更されていることが分かります。
 
これは、2017年のiPhoneは3モデルともワイヤレス充電に対応すると予測されており、金属製ではワイヤレス充電が機能しないためと考えられます。

 

iPhone7s Plusのダミーモデル

 

また、ガラス製の背面パネルはアルミニウム合金と違って電波を遮断しないため、iPhone6以降で存在していたアンテナ線が不要になり、消えています。

ワイヤレス充電器は別売、iOS11.1公開と同時に利用可能?

2017年のiPhoneが搭載するワイヤレス充電機能は、Appleが業界団体に加盟した「Qi(チー)」方式になると予測されており、最近、Qi規格に準拠した充電用コイルの写真が流出しています。
 
なお、ワイヤレス充電への対応にはソフトウェア上の問題が残されているため、iOS11.1へのアップデートに合わせて利用可能となる、との予測も発表されています。これは、iOS10.1で日本でのApple PayやiPhone7 Plusのポートレートモードが利用可能になったのと同様です。
 
また、Apple純正のワイヤレス充電器は別売で、iOS11.1の公開と同時期に発売される、とも言われています。

 

Source:9to5Mac

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です