《2017年のiPhoneはガラス製?》Foxconnが筐体を開発中か!?


2017年に発売されるiPhone用に、Foxconnがガラス製ボディの開発を進めている模様です。初代iPhone発売から10周年の記念モデルは、デザインが一新されてOLED(有機EL)ディスプレイが搭載されると見られています。

 

iph7081101

 

Foxconn、2017年のiPhone用にガラス製筐体を開発中か

Appleの主要サプライヤーで、iPhoneの金属製筐体の大半を供給しているFoxconnが、2017年に発売されるiPhone用に、ガラス製筐体の開発を進めている、とNikkei Asian Reviewが事情に詳しい関係者の話として報じています。

関係者によると、Foxconnはガラス製筐体の開発を昨年から進めている、とのことです。他の関係者は、サプライヤーとしての地位を確固たるものとするため、Foxconnがガラス製筐体の開発に取り組むのは自然なことだ、との見解を述べています。

Foxconnは、取材に対してコメントを拒否しています。

 

2017年のiPhoneは10周年の記念モデル!デザイン刷新、OLEDディスプレイ搭載か

今秋に発売される「iPhone7」は、現行のiPhone6sの外観デザインを踏襲するマイナーアップデートになる、と見られています。

一方、2017年は初代iPhoneの発売から10周年の節目にあたり、アニバーサリーモデルとしてデザインを刷新し、ディスプレイにはOLED(有機EL)が採用される、と予測されています。

シャープを買収したFoxconnは、自社でOLEDパネルの開発を進めているとみられ、OLEDパネルのサプライヤーとして有力視されるサムスンとの激突が予想されます。

 

主力サプライヤーのCEOも「2017年のiPhoneはガラス製」

2017年のiPhoneがガラス製になる、との観測について、iPhone用金属製筐体のサプライヤーとしてFoxconnと並ぶ存在であるCatcher Technology社のCEOであるAllen Horng氏が、今年5月に2017年に発売のiPhoneのうち、ひとつはボディがガラス製になる」と明かしています。

同氏は、iPhoneのボディがガラス製になっても、強度の高い金属製フレームは必要であり、自社の業績に悪影響はない、と語っていました。

 

 

Source:Nikkei Asian Review

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です