《iPhone7/7Plus》発売と同時に品薄が深刻化?部品の歩留まり率が低迷!


7plus-concept01

 

iPhone7は、発売後しばらくは品薄が続きそうです。新たに搭載される、耐水スピーカーやデュアルカメラの部品の歩留まり率が低いことが原因とみられます。

iPhone7の発売直後、十分な製品が確保できない!?

9月の発売が見込まれるiPhone7は、発売直後に品薄になることが懸念される、と事情に詳しい関係者から得た情報としてNikkei Asian Reviewが報じています。

関係者は、「サプライヤーが歩留まり率の改善に取り組んでいるが、iPhone7が昨年と同様のスケジュールで発売された場合、発売当初は十分な製品が供給できないだろう」とNikkeiに語っています。

昨年のiPhone6sは、9月9日のイベントで発表され、日本やアメリカなど第一次発売国では9月25日に発売されました。今年のiPhone7は、9月7日に発表9月16日、あるいは23日の発売という日程が有力視されています。

 

品薄の原因は耐水スピーカーとデュアルカメラ

この情報には、Yuanta Investment Consultingのアナリスト、ジェフ・プー氏も同意しています。

プー氏は、2016年下半期における新旧モデルを合わせたiPhoneの製造台数予測を、当初の1億2,000万台から1億1,400万台に引き下げています。この原因は、新モデルに搭載される耐水スピーカーデュアルカメラモジュールの問題にある、というのがプー氏の見立てです。

2016年下半期のiPhone7の製造台数は7,400万台で、前年同期のiPhone6sが8,400万台だったのと比べ約1,000万台減少するのに加え、Appleからサプライヤーへの値下げ要求により、サプライヤーの収益は悪化するだろう、とのコメントを発表しています。

 

iPhone7用のA10プロセッサーの発注は前年比15%減、液晶パネルは20%減

スマートフォンの普及ペース鈍化もあり、最近、iPhoneの販売台数は減速傾向です。この傾向はAppleからサプライヤーへの発注にも反映されており、事情に詳しい業界関係者によると、iPhone7用のA10プロセッサーの発注は前年より15%程度少ない、とのことです。

また、Sigmaintellのアナリスト、エリーク・チェン氏によると、iPhone用液晶パネルの発注数は前年比20%程度減少しており、ジャパンディスプレイなどのサプライヤーに影響が出ているようだ、と述べています。

 

発売後最初の週末の販売台数、2014年は1,000万台、2015年は1,300万台

iPhoneの発売直後の売れ行きは、人気や期待度を測るバロメーターとなっています。金曜日に発売、最初の週末3日間での販売台数は、2014年のiPhone6/6 Plusが1,000万台、2015年のiPhone6s/6s Plusでは1,300万台でした。

新型iPhoneの発売後は毎年、品薄状態が長期化する傾向があります。iPhone7/7 Plusを早く購入したい方は、9月9日とみられる予約受付開始と同時に予約するのが良さそうです

 

 

Source:Nikkei Asian Review
Photo:Jermaine Smit

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です