《iPhone7》防水規格「IP67」ってなに?水没で故障しても保証の対象外!


image1609100701

 

iPhone7からは防水機能が公式に付与されます。防水・防塵規格はIP67で、「粉塵が内部に侵入せず」「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」となっています。ところが、Appleは水の侵入によるiPhone7の故障を、保証の対象外としていることが分かりました。

防水機能があるからといって過信は禁物!

IP67の「6」は、「人体及び固形物に対する等級」のうち最高の等級で、砂ホコリなどの粉塵を完全にシャットアウトする耐塵型であることを意味します。また、「7」は水深1mの深さに常温で30分沈んでも耐えうる「水中への浸漬に対する保護」を意味しており、8段階の等級のうちで上から2番目にあたります。

ようするに、プールや風呂、シャワーなどの日常生活でiPhone7を使用するうえでは水の侵入を許さないという意味ですが、Appleの公式サイトには「水濡れによる損傷は保証の対象になりません」との記載が存在します。

 

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

 

防水機能はどんどん衰えていく

 

image1609100702

 

IP67の範囲を超える水没(海中や熱湯などへの落下)には耐えられないし、防水機能は使用しているうちに摩耗していくため、最初から一括して保証の対象にはしないということなのでしょう。したがって、万が一にも水没で故障してしまった時は、おとなしく従来どおり有償修理を受けるほかありません。

ただし、Appleの名誉のために補足しておくと、IP68を獲得しているSamsungのGalaxyやソニーのXperiaでもやはり水没は保証の対象外となっており、スマートフォン業界では珍しいものではありません。

したがって、Xiaomiのレイ・ジュン最高経営責任者(CEO)が以前、「凹んだり、傷がついたりするようなものだけでなく、例えほんのわずかなダメージでも防水機能は低下していく」と述べたとおり、いくらiPhone7に防水機能がついたからといって過信しないほうが良さそうです。スペシャルイベントの動画ではあんなにかっこ良く水中から登場したのですが……。

 

 

Source:MacRumors,Apple,NISSIN

 

スポンサードリンク

1 comment for “《iPhone7》防水規格「IP67」ってなに?水没で故障しても保証の対象外!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です