《iPhone7 Plusの32GB》「メモリーゲート問題」の噂!異様に遅いストレージ。


gsmarena_001-e1610141601

iPhone7 Plus32GBモデルについて、ストレージの処理速度が他モデルに比べて明らかに下回っているとする調査結果が出ています。

書き込み速度が異様に低い?

ニュースサイトGSMArenaが、iPhone7 Plus32GBモデルのベンチマークテストを行ったところ、ストレージのパフォーマンスがiPhone6sやiPhone7よりも数倍低いことが判明しました。計測方法はApp StoreからダウンロードできるBasemark OS IIを使い、iPhone6s Plusの64GBやiPhone7の128GBと比較するというものです。

gsmarena_001-e1610141602

上図からは、iPhone7 Plusの32GBのスコアが839と、iPhone6 Plusの1,400、iPhone7の1,721に比べて著しく低いことが分かります。調査を行ったGSMArenaによると、iPhone6sとiPhone7は大体1,300-1,700の閾値を記録したのに対し、iPhone7 Plusが800を超えることはまずなかったそうです。

この他にも、図からは読み込み速度に差がないのに対し、書き込み速度が明らかに遅いことも確認できます。5分間の4K動画をコピーする速度も、iPhone7が17秒で済んでいるのに対し、iPhone7 PlusはiPhone6s Plusと変わらず1分近く要している状況です。

サプライヤーが違うことが原因か

GSMArenaは、別の筐体で確認したわけではないために、今回のベンチマークテストをもって結論づけることはできないとしながらも、ストレージチップを請け負うサプライヤーが異なることからこのような事態が起きてしまったのではないかと推測しています。

仮にそうであれば、iPhone6sでTSMCとSamsungのチップ性能が違うとして大騒ぎになった「チップゲート問題」の再来となるだけに、「メモリーゲート問題」を回避したいAppleにとっては戦々恐々の状況と言えそうです。

 

Source:GSMArena via スマホ評価・不具合ニュース

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です