《iPhone8》ボディ全体がガラスで覆われる?いよいよあの特許画像が現実に!


2017年はiPhone誕生10周年、ジョブズ氏がアップルに復帰して20周年という節目です。そのため、本来であればiPhone7sにあたる年も、特別に名称が「iPhone8」となり、外観を含むメジャーアップデートが行われると言われています。事実、サプライヤーサイドは、iPhone8曲面ガラス(3Dガラス)が搭載されることはほぼ確定としています。

 

iph8-kyoumen01

 

iPhone8は全面ガラス張りになる!?

9月にリリース予定のiPhone7がiPhone6sとさほど変わらないとされる一因として、来年にiPhone8が「真打ち」として登場するから、という観測があります。リーク情報やアナリストの予測を統合すると、iPhone8はOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、ワイヤレス充電機能が付与、ボディーもガラス製(セラミックと混合との話もあり)になるようです。
OLEDディスプレイは、画質が向上するだけでなく、ベゼルフリーで画面際での操作が可能になることが利点で、サムスンのGalaxy S7など曲面ディスプレイを搭載しているスマートフォンのディスプレイは、基本的に有機ELが採用されています。
そのため、iPhone8でも曲面ディスプレイが採用されるとの期待は高まっていましたが、リーク情報に詳しい@手机晶片达人氏は中国SNS微博で、「来年のiPhoneは100%、外形全体に3Dガラスが用いられる(金属ボディはバイバイ)」と述べており、曲面ディスプレイどころかボディ全体が曲面ガラス製になることがほぼ確定的だとしています。

 

iph8-kyoumen02

 

さらに同氏によれば、ガラスのサプライヤーが伯恩光学、蓝思科技、そしてFoxconnの3社になることも決定しているのだとか。

同氏は以前にも、iPhone7に防水機能が付与されることや、iPhone7 Plusにデュアルカメラが搭載されることをいち早く報じているだけに、信ぴょう性は高いと言えるでしょう。全面ガラス張りになると、久々にアンテナラインも完全消失することになりますが(金属ボディではないため)、一体どのような形状となるのか、期待は高まるばかりです。

 

 

Source:MyDrivers,Patently Apple

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です