《iPhone8》ガラス製ボディで3サイズ展開!日経が報じる。


image-13-e1610290701

2017年に発売されるiPhone8は、3つのサイズ展開となり、本体背面がガラス製になる、と業界関係者の話としてNikkei Asian Reviewが伝えています。

iPhone8は背面がガラス製、5.0インチが追加

初代iPhoneの発売から10周年の記念モデルとなる2017年のiPhoneは、デザインが刷新され、従来のパターンならiPhone7sとなる名称はiPhone8になる、と噂されています。

2017年のiPhone8は、現在の4.7インチ、5.5インチに加えて5.0インチが追加され、本体の背面がガラス製になる、と業界関係者の情報筋がNikkei Asian Reviewに語っています。

外観はiPhone4/4sふうのガラスと金属フレーム構造か

本体デザインは、ディスプレイ側と背面がともにガラス製となり、金属製(アルミニウムかステンレス)のフレームを挟み込む、iPhone4/4sのような構造になるようです。

背面のガラスパネルのサプライヤーは、中国のBiel Crystal ManufactoryとLens Technologyの2社が技術的に優位であるとして、Apple最大のサプライヤーであるFoxconnをおさえて採用された、とも報じられています。

ただし、AppleはiPhone7発売の数ヶ月前に、背面にシングルカメラを搭載した5.5インチモデルの製造を取りやめており、現在の計画が変更される可能性もある、と情報筋は話しているそうです。

以前から伝えられてきた「ガラス製iPhone8」

なお、Apple関連の情報で定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏も、2017年のiPhoneは前面と背面がガラス製になる、との予測を9月末に明かしています。

今年5月には、iPhoneシリーズの金属製筐体のサプライヤーであるCatcher Technologyのトップが、「2017年のiPhoneのうちひとつはガラス製ボディになる」と発言し、本体がガラス製になっても強度の高い金属製フレームの必要性は変わらないため自社の業績に影響はない、と語っていました。

 

Source:Nikkei Asian Review
Photo:ConceptsiPhone

 

スポンサードリンク

1 comment for “《iPhone8》ガラス製ボディで3サイズ展開!日経が報じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です