《「iPhone8」の発売》10月から11月に遅れる可能性!?


iPhone8」の発売が遅れそうだ、と台湾メディア経済日報が報じています。

曲面OLEDディスプレイ加工の技術的問題発生か

有機EL(OLED)ディスプレイを搭載する「iPhone8」は、発売が10月から11月になる可能性がある、とのことです。
 
遅れの原因は、3D画像認識を可能にするフロントデュアルカメラを組み込んだ曲面OLEDディスプレイを本体に圧着する工程で、技術的問題が発生しているため、とされています。

9月に3モデル同時発表、「iPhone8」の出荷は後日?

Apple関連メディアMacRumorsは、例年9月に開催している発表イベントで「iPhone7s/7s Plus」だけを発表し、Appleの株価を押し上げ続けるほど高い期待を集めている「iPhone8」に言及しないことは考えにくい、として、3モデルを同時に発表し、「iPhone8」だけは遅れて市場に投入されるのではないか、と予測しています。
 
思えば、iPhone7と同時に発表されたAirPodsは当初、10月発売と案内されながら、実際の発売は12月中旬までずれ込みました。

先日も報じられていた「iPhone8」発売の遅れ

AppleがSamsungに、年内の7,000万台ぶん発注したとされるOLEDディスプレイですが、その後の工程が原因で発売時期が遅れる可能性が出てきました。
 
「iPhone8」の発売時期の遅れについては、先日も伝えられていたほか、初期生産台数が少なく極度の品薄になるため、今年中の入手は困難ではないか、との予測も発表されています。

 

Source:MacRumors
Photo:ComputerBlid

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です