《iPhone8》発売が1~2カ月遅れる?サプライヤーの部品生産に遅延


Appleの次期フラッグシップモデルであるiPhone8は、9月のリリースが予定されていると言われています。しかし、ここにきてサプライチェーンの業績が伸びていないことから、発売で数カ月の遅延が起きるのでは、という見方が出ています。

複数のサプライヤーで部品生産に遅れ

投資銀行のRBC Capital Marketsが投資家向けに公開したレポートによると、様々な部品の調達が予定よりも遅れていることから、iPhone8の発売が10月に間に合わない可能性があるようです。
 
RBCは有機EL(OLED)ディスプレイを例に挙げており、ホームボタンをスクリーン内に埋め込む仕様が技術的に難しく、これによってディスプレイのサプライヤーであるSamsungの生産開始を遅らせた、と考えています。
 
こうした観測は珍しいものではなく、以前にもフロントデュアルカメラを組み込んだOLEDディスプレイを本体に圧着する工程で技術的問題が発生しており、リリースはともかく発売が11月頃に伸びるのでは、という見方が出ていました。
 
また、ほかにもRBCは、Broadcom LimitedやAnalog Devices Incorporatedといったサプライヤーの業績が伸びるべき時期に伸びていないことから、部品の供給が遅延しており、最終的にiPhone8の発売が1~2カ月遅れるのではないか、としています。

発売遅延はiPhoneの売り上げに影響しない

もっとも、こうした遅延がiPhoneの売り上げに影を落としはしないと、RBCはみています。「OLEDの生産が1~2カ月ずれることは、iPhone需要のダイナミクスを変えはしないし、ポジティブなiPhoneのアップグレードサイクルを蝕みもしないと考えている」
 
同銀行は、Appleの株価ターゲットを、現在の149ドル(約16,390円:執筆時点)から11.3%上昇した、168ドル(約18,480円)に据えています。

 

Source:BusinessInsider
Photo:iDropNews

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です