《iPhone8》耐衝撃ケースに入った画像が流出


人気メーカーの耐衝撃ケースに入った、iPhone8のリーク画像を、モバイル業界の事情に詳しいエバン・ブラス氏が公開しました。前面をディスプレイが覆いホームボタンがなく、画面上部には3Dセンサーが収まる切り欠きがある、これまでのリーク情報と同様のデザインであることが確認できます。

10.5インチiPad Proの発表を的中させ、出荷準備したケースメーカー

エバン・ブラス氏が公開したiPhone8のリーク画像は、日本でも人気のあるUrban Armor Gear(UAG)の耐衝撃ケースを装着した状態のものです。

 

iPhone8 Urban Armor Gear(UAG)

 

HomePodのファームウェアから発見されたように、iPhone8は本体の前面がすべてディスプレイとなっているため、ケースは保護性能を高めるためにディスプレイを囲む部分が大きく盛り上がったデザインとなっていることが確認できます。
 
UAGは、6月のWWDC 17での10.5インチiPad Pro発表に先立って保護ケースの出荷準備を開始していた実績があるアクセサリーメーカーの1社です。

成層圏までiPhoneを打ち上げる実験動画を公開したUAG

なお、同社は、ケースの保護性能の高さをアピールするため、気温マイナス62度、高度約37,800メートルの成層圏までiPhone6を打ち上げ、地上に戻ってきても無事に動作させる実験映像を公開しています。
 

 

Source:Twitter via The Verge

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です