Foxconn幹部「iPhone8は高くなる」。新色はコッパーゴールド?


Foxconn幹部が、iPhone8が搭載する有機EL(OLED)の歩留まりが低いことから、iPhone8は高額になるとSNSで発言しました。またiPhone8のケース写真として公開された写真に、黒、白に加え、コッパーゴールド(赤みのかかった金色)とも呼べるような新色が写っており、話題となっています。

OLEDの歩留まりが低い

FoxconnのVP、ルオ・ツォンシェン氏が中国のSNS「Weibo」に、OLEDディスプレイの歩留まりが、「特別なデザイン」のため60%程度と非常に低くなっている、と投稿しました。そのためiPhone8の製造コストが膨らみ、安くは売られないだろう、と推測しています(すでに投稿は削除)。
 
ここで特別なデザインといっているのは、HomePodファームウェアでも確認された、中央上部に切り込みの入ったデザインを指しているものと思われます。

 

新色「コッパーゴールド」が追加か

Foxconn幹部の投稿とは別に、同じくWeiboで、iPhone8のものとされるケース写真が公開されました。これが本物なのかどうかは不明ですが、興味深いのはその色です。
 
写真には黒と白に加え、別の色のケースが写っています。米メデイア9to5Macは、オレンジとゴールドの中間のような色に見えることから、「コッパーゴールド」と呼んでいます。

 

s_2eb8e8b67ff642569a4c5ea3b7364aac

 

iPhone8のカラー展開については、これまでにもKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が「これまでよりもカラーの種類が少なくなる」と予測しているほか、情報のリークで知られるベンジャミン・ジェスキン氏が「iPhone8は4色展開で、そのうち1つは『鏡面仕上げ』」と発言、また米Forbesは「黒、ジェットブラック、白の3色展開になる」との予想を公開しています。

 

Source:9to5Mac

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です