《マイクロソフト》28インチのPC兼タブレットSurface Studioなど新製品発表。


microsoft-event-2-e16102801

MicrosoftはAppleの新製品発表に先駆け、現地時間26日米ニューヨークにおいて、複数の新製品を発表しました。

デスクトップからタブレットへ変身する「Surface Studio」

ハードウェアの中でも特に目を引くのが、厚み12.5ミリ、28インチのPixelSenseディスプレイを採用した、ヒンジ部分が折りたたみ可能なデスクトップ兼タブレット「Surface Studio」です。

アーティストやクリエイターをターゲットとした同製品のディスプレイは、1,350万ピクセルで、現実世界と近い色の再現を実現しているという「TrueColor」が特徴。PCのようにディスプレイを立てて使う「Desktop Mode」から、フラットなタブレットとして使える「Studio Mode」へと切り替えることが可能です。どのように変身するかは以下の動画をご覧ください。

第6世代Intel Core i5プロセッサ、2GB GPU、1TBハイブリッドドライブ、8GB RAMを搭載したエントリーモデルは2,999ドル(約31万3,000円)となっており、年末のホリデイシーズンより数量限定で出荷開始し、2017年より本格的な販売となる見通しです。現在アメリカでのみ予約受付を行っています。

 

 

MacBook Proの3倍の性能「Surface Book i7」

Surface Book i7

同じ等級のモデルのなかで「もっともパワフルなラップトップ」とMicrosoftが豪語する「Surface Book i7」は、初代Surface Bookの2倍のグラフィック処理能力を持つ、第6世代Intel Core i7プロセッサ搭載のPCです。バッテリー駆動時間は初代Surfaceより30%以上長い16時間を実現しています。

MicrosoftはSurface Book i7のハイエンドモデルについて、ハイエンドMacBook Proの性能の3倍と述べています。

Surface Book i7は8GB RAM、256GBで2,399ドル(約25万円)から。発売は米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで11月10日となっています。

ユニークな新製品Surface Dial

Surface Dial

Appleは優れた描画機能を持つApple PenをiPad Proのアクセサリーとして開発しましたが、MicrosoftはSurface Studioのアクセサリーとして「Surface Dial」を発表しました。

その名の通り円筒形をしたSurface Dialを使うと、マウスよりも簡単かつ直感的に、スクロールやズーム、ナビゲーションを行なうことができます。

Surface Dialは11月10日に米国内で発売され、価格は99ドル(約1万円)です。

Microsoftはこの他にも、Windows 10に3D機能を追加する「Windows 10 Creators Update」を発表しました。2017年初めから配布予定となっています。

 

Source:Microsoft

 

スポンサードリンク

1 comment for “《マイクロソフト》28インチのPC兼タブレットSurface Studioなど新製品発表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です