バーゼルワールド2016 、完成度が高いロレックス デイトナ新作発表!


ついにバーゼルワールド2016が始まり、各ブランドから続々とニューモデルの情報が解禁されています。
パテック・フィリップ ワールドタイムのブルーダイヤル5930G、オメガシーマスタープラネットオーシャン600Mの新作 、ウブロのビッグ・バン リネンモデルなどなど話題満載ですが、特に大注目はやはりロレックス!
そうです!ついに世界中のロレックスファンが待ち望んだ、デイトナの新作が発表されました!

ロレックス01
ニューデイトナSSモデル116500LNの文字盤は白または黒で、特に白文字盤のモデルは期待されたパンダダイヤルで はなくインナーサークルの枠が黒で、16500の白文字盤を思い起こさせます。
この新作デイトナSSモデルにはロレックスが開発・特許取得したブラックセラミック製のモノブロック セラクロ ムベゼルが採用されましたが、これはブラックのプレキシガラス製ベゼルインサートが搭載されたデイトナ1965年 モデルへのオマージュだそうで、たしかにREF.6524やREF.6263を思わせますね。
タキメーターの表示もエバーローズゴールドやプラチナモデルと同様のデザインに変更されています。
ムーブメントはCal.4130から変更なし、型番はREF.116500LNとなっていて、116500LNの価格は11,800スイスフラ ンとの情報も。

ロレックス02
さらにデイトナにはイエローゴ-ルドモデルにグリーンダイヤルが、ホワイトゴールドモデルにブルーダイヤルが 追加され、型番はロレックスデイトナ YG×緑文字盤は116528ではなくREF.116508に変更、WG×青文字盤はREF.116509となっています。

 

 

Source:ROLEX,IT速報

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です