《watchOS3.1.1》文鎮化する問題で配信停止に!


Appleは現地時間12月13日にApple Watch用OS、watchOS 3.1.1を公開しましたが、Apple Watchが文鎮化する問題を受けて、アップデートの配信を停止しています。

配信を急遽ストップ

watchOS 3.1.1は現時点でもまだ、iPhoneのWatchアプリでダウンロードすることができません。
 
最新OSであるwatchOS 3.1.1をインストール後、一部のApple Watch Series 2が文鎮化するという報告が相次ぎました。画面上に赤い感嘆符と、Appleのサポートページに行くようにとのリンクが表示されます。
 
Appleのサポートページには、赤い感嘆符が表示された場合、Apple Watchを強制的に再起動し、サイドボタンと Digital Crown の両方を、Apple のロゴが表示されるまで 10 秒以上押し続けるよう、案内されています。

強制再起動も効果なし

しかしwatchOS 3.1.1による文鎮化問題はこの強制再起動では解決しないため、修理サービスを受けるしか選択肢がありません。
 
トラブルが起きているのは主にApple Watch Series 2で、現時点ではなぜ一部のApple Watchが文鎮化し、ほかのものは大丈夫なのか、その理由はわかっていません。バグが修正され次第、watchOS 3.1.1は再度公開されるはずです。
 
すでに最新OSをインストール、文鎮化が起きてしまったユーザーは、AppleストアかまたはAppleサポートに連絡してください。

 

Source:MacRumors
Photo:Apple

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です