《WWDC2016》tvOSがアップデート!Apple TVも新機能が続々追加。


WWDCでApple TVに関する発表は、tvOSのアップデートとライブチャンネルの増加、iOS向けのリモートアプリでSiriが利用可能になるなど多岐にわたりました。

Apple TVはチャンネル数やアプリ数が着々と増えているとスクリーンで紹介があり、その後新機能の紹介がありました。

 

wwdc2016-061601

 

Apple TVのリモコンが大幅強化

Apple TVを操作するリモコンが発表されました。

iOS向けのリモートアプリも登場し、Siriでの音声操作が可能になります。

 

wwdctvos01

Siriでの音声操作はコンテンツの検索などにも対応しており、なんと65万個にも及ぶコンテンツの中から検索することができます。

 

wwdctvos02

 

カテゴリ別の検索ができるようになるほか、Youtubeの検索も可能になります。

また、「Live Tune」機能で、生中継が行われているコンテンツの内容もSiriが探せるようになります。

 

新しいライブチャンネルの追加!

Apple TVで見ることの出来るチャンネルの追加が発表されました。DisneyやCBS、ESPNなど多数のチャンネルが追加されます。

 

wwdctvos03

 

新機能「Single sign-on」

 

wwdctvos04

 

従来のサインオン機能を修正した、新しい「Single sign-on」機能が追加されます。

現在は配信コンテンツごとに認証を行う必要がありましたが、「Single sign-on」機能により1度のログインで認証が済むようになります。

この「Single sign-on」機能は、iOSへの搭載も予定されており、例えばiPhoneやiPadでアプリをダウンロードすると、Apple TVにもアプリがダウンロードされるようになります。

 

新しいコントローラーに対応予定

Apple TVは新しい4つのコントローラーに対応予定です。

また、マインクラフトなどの人気ゲームも登場予定で、ゲームプレイに関しても強化されるといえそうです。

 

正式リリースは秋を予定

 

wwdctvos05

 

デベロッパー版は本日公開され、一般向けのリリースは秋頃を予定しています。

Apple TVもより快適に楽しめるようになりそうで、正式リリースまでにさらなるチャンネルの追加などを期待したいですね!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です