『Xperia Z5は最後のZシリーズ, Z6は出てこない!』:MWC 2016!


バルセロナで開催中のモバイル関連見本市 MWC 2016より。ソニーモバイルの商品企画を担当する伊藤博史氏は、新シリーズXperia Xを発表したことに関連し、従来のXperia Zシリーズについて『Xperia Z5は最後のZシリーズ、Z6という製品は出てこない』と明言しました。

 

XperiaX03

 

伊藤氏は、Xperia Xシリーズについて『Xperiaの第3章の幕開け』と話します。第1章は、ソニーが2010年に発売した初のAndroidスマートフォン Xperia X10からXperia Zまで、第2章は、カメラやオーディオ・ゲームといったソニー得意分野の技術力を結集させる「ワンソニー」の概念を取り入れたXperia Z1〜Z5までが該当するとしています。
そしてXperia Xから始まる第3章では、単にスマートフォンにいろいろな機能を追加するのではなく、ユーザーが求めている”本質”の部分にフォーカスを置くと説明。

 

XperiaX04

 

また、ソニーが今回のMWCで発表したXperia Ear、Xperia Eye、Xperia Projector、Xperia Agentなど、スマートフォン以外のXperiaブランドを冠する製品やコンセプトを引き合いに、
Xperiaブランドはいろいろな広がりを持って展開する』『今後もソニーで培ってきた技術を有効活用していくが、これからはインテリジェンスを伴って、Xperiaというブランドが新しいコミュニケーションを作っていく。Xperia Xはその第一歩』と説明。(詳細は後日記事化予定)。そのうえで、Xperia Zシリーズの新機種は今後登場せず、Xperia Xシリーズに置き換わると明言しました。

 

XperiaX01
またXperia Xの「X」の由来については『日本だとXperiaブランドの認知度が高いが、グローバルだとそこまで高くない』『Xperiaの再定義を始めていく。Xperiaというブランドに向かい合って、グローバルで認知していただくために、わかりやすいXという文字を切り取った』としました。

 

 

Source:IT速報

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です